10月 達磨大師 御朱印

直書き 書置き
「達磨大師御朱印」になります。
書置きの郵送対応可能です。直書きの郵送対応は、全忠寺オリジナル御朱印帳のみ可能です。

奉納料 2面使用タイプ
    白和紙       800円
    黒和紙       1000円
    書置き       1000円
    
4面使用タイプ
    白和紙(直書き・書置き) 1500円
    黒和紙(直書き・書置き) 2000円

達磨大師御朱印になります。
10月5日は達磨大師さんの命日で「達磨忌」と呼び、禅宗の寺院では法要が執り行われます。

だるまさんは達磨大師というお坊さんがモデルになっています。達磨大師はインドから中国に「禅」を伝え、禅宗の初祖と呼ばれ、曹洞宗寺院では本堂左に達磨大師像をお祀りされ(全忠寺の本堂にもお祀りされています)、

私たちがよく目にする「だるまさん」は、達磨大師が寒さよけに頭から「被」と呼ばれた赤い掛け布団をかぶって坐禅している姿が元になっているとされています。
達磨大師は危険な道のりを経てインドから中国へ旅をして、色々な問題に立ち向かい中国で布教されました。「禅」を伝えるという教えと共に様々な困難や苦労にもくじけない「心」もしめされ、そこから転んでも立ち上がる「だるまさん」の形と合わせて「七転び八起き」ということわざが生まれ縁起物のとして親しまれています。

長い人生の中、上手くいかないことや挫けそうになったり転んでしまうことはありますが、達磨大師・だるまさんの「七転び八起き」の精神を忘れずに頑張っていきたいですね

カテゴリー: toukou パーマリンク